勝運と厄除けをつかさどる弓の神様


HOME > 子供のご祈願

こども祈祷ページトップ画像.jpg



お子様の無事な成長をご祈願します。
赤ちゃんが生まれてから、男の子は31日目、女の子は33日目を目安として、お誕生の報告と健やかな成長を祈って神社へお参りする行事です。
日にちにはあまりこだわらず、猛暑や厳寒の次期など避け、赤ちゃんとお母さんの体調の良いときにお参りください。



ご出産はたいへん喜ばしいことであり、またたいへんなことでもあります。妊婦さんの不安を取り除き、無事な出産をご祈願します。
いぬは多産でお産が軽いことにちなんで、妊娠5ヶ月目の「戌の日」に、安産を願って腹帯を巻いて祝う習わしがあります。
戌の日以外でもお越しください。

平成29年(2017年)
安産祈願 いぬの日カレンダー

H29安産戌の日カレンダー.jpg



新生児の命名は、親が子供に最初にあげるプレゼントです。
そのためには、誰からも読める名前であること、良い意味を持つ字が使われていること、苗字とのバランスが整っていること、画数も吉数でまとめられていることなどが重要となります。
2~3日お時間をいただきますが、お子様にふさわしい良い名前をお選びします。



赤ちゃんから3歳児まではよく「神の子」と呼ばれ、生命の安定が確かではない時期と言われます。この時期を抜け、成長の節目を迎えたお子様をお祝いし、神様に感謝し報告のお参りをすることが七五三です。
男の子は3歳と5歳。
3歳は「髪置」といって髪を切りそろえる節目で、赤ちゃんから子供に成長したことをお祝いします。5歳は「袴着」といって、袴を着け始める節目で、子供から男性へ成長したことをお祝いします。
女の子は3歳と7歳。
7歳は「帯解」といって帯を着け始める節目で、子供から女性へ成長したことをお祝いします。

上地八幡宮では、お子様の無事な成長を祈願し、
10月1日~11月30日まで、七五三特別祈祷を受け付けています。

特別授与品として、お子様が選べる大きなおもちゃをプレゼントしています。



初めての年男と年女を迎える年で、さまざまな知識の向上をはかるための知恵授けの神事を行います。
年男年女とは、生まれた年の干支(えと)が再びめぐってくる年のことです。

ご希望の内容をお選び下さい












上地八幡宮

〒444-0824
愛知県岡崎市
上地町字宮脇48番地
TEL / FAX
(0564)52-6145

アクセス

JR岡崎駅より2.2Km

バス;
JR岡崎駅又は名鉄東岡崎駅より「南部地域交流センター行」乗車。「願成寺前」下車。進行方向へ徒歩すぐ右手入口。

高速道路;
岡崎ICより西尾方面
約15分

LinkIcon詳しい地図はこちら